タグのアーカイブ' 'コンソール

2008 2008年 5 1日

他のLinuxコンソールへの切り替え

Linuxでは、ヒントは、 レベルの 管理者によって 掲示

GNU / Linuxのシステムが複数のコンソールとキーボードを切り替えるかどうかのグラフィックモードまたはテキストモードでの動作をすることができます。

手順は、問題の場合に応じて異なります。 テキストモードでは、 Linuxコンソールを変更して、 ファンクションキーには、アクセスしたいコンソールに対応を保持するためにAltキーを押している。

例えば最初にしなければならない場合は、 Altキーを押したまま押すと、コンソールにアクセスするには希望してあるボタン"のF1 "は、 最初のコンソールにアクセスすることができますキーの組み合わせは、場合にプッシュされますアクセスは、 2つ目は、 Alt + F2キーの組み合わせを押す必要があるとして、最初の6つのテキストの上でいる。

私はさらに、ほとんどのLinuxシステムにはデフォルトでは、より6つの方法でLinuxのテキストコンソール、グラフィック、テキストへのアクセスとAltキーの組み合わせを押すと設定されていることができるコンソールは、最初の6言うその後はF1からF6キーは、ファンクションキーを移動することができますが、 Linuxの場合はF7キーへのアクセスをグラフィカルモードでコンソールがキーを押します。

6 + 1以上の場合は、グラフ、テキストコンソールまたは変更することはできませんそれを認めていないため、その際には、いくつかのLinuxシステムでは推奨されませんが場合は、キーボード12のファンクションキーとは、システムのLinuxインストールされている非常に、 11以上のグラフィックだろうが最終的なテキストです端末12の数を増やすこと古いではない。

場合でも異なるため、別のユーザー名では、 Linuxシステムでもコンソール上には、コンソールに応じて異なるプログラムを実行することがたくさんあるテキストのコンソールを念頭に置いてお勧めすることができないので、負担する必要があります。 初心者ユーザーは、これらのオプションはほとんど使用しています。

別のコンソールに切り替える場合はそれを念頭に置いては、コンソールをグラフィカルに変更する際に、あなたは、もはやグラフィックモードではこれらを認識しない、同じキーの組み合わせを使用することができます負担する必要があります。

そのため、元のグラフィックモードを切り替えることで、コンソールにコンソールするCtrl +キーの組み合わせを押しているとAltキーを押すと、すなわちそれは 、 Controlキーを押す必要があります関数です。

コメントはありません